カラダによい水 -高濃度水素水-

容在水素濃度は飽和状態の1.6ppm〜1.8ppm。
電解水化しない安全で
カラダによい高濃度水素水を。

高濃度水素水

水素を発生させる際、整水ルートとは分離して水を取り出し、エレクトライザー(特殊電解槽)で水素を生成します。
これにより水に電荷を帯び(イオン化)させることなく、安全な水素水を作ることに成功しました。また、電極には独自開発のイリジウム合金を採用し、更に電解槽を両極で分離することで、耐久性が高く、効率の良い安定的な水素の生成を可能にしました。
発生させた水素は高圧で整水に溶解させて、高濃度で溶存時間の長い水素水が出来上がります。
AREGAの安全な高濃度水素水へのこだわりがここに結実しました。

AREGA